ブログ

ブログ

みたままつり

2015.07.30

当園は、仏教系の幼稚園ですので、保育の中に「宗教的情操教育」を行っています。
これは、「仏様やご先祖様、目には見えない方もあなたのことを見守っていますよ。どんなことがあってもあなたは一人ぼっちではないのだから、安心してね。」
そんな優しさ暖かさをどもたちに感じてほしい、そんな願いのもと、行っていますが、その行事の中で園長の私が最も大好きなものが「みたままつり」です。
お盆の最終日、それぞれのおうちに帰ってきたご先祖様に、「お墓に帰るのはちょっと待ってください!かわいらしい子どもたちの踊りを見に来て下さい」
私のお願いに答えてくれたご先祖様が幼稚園に来てくれた!そのような想定の中、子どもたちは元気に盆踊りを行います。花火を見て、クライマックスは「送り火」園庭中央に設置した組み木に火を灯し、そこから生じる火の粉に乗ってご先祖様が天に帰っていきます。それを見つめながら、「ご先祖様にさよならを言いましょう。さようなら」
「さようなら」「また来年も見に来て下さいね。さようなら」「さようなら」教師の声に添って、お別れを言う子どもたち。降園時には、子どもたちの持ったロウソクを灯したほうづき提灯が、暗くなった園庭をほのかに赤く染めるその光景。
とても、情緒的で素直に「いいなあ」といつもしみじみ思います。
今年は、今川町親和会さんとのコラボにより、幼稚園前の道路に当園の年長児、近隣施設の方々が作成された「燈篭」を約200個ほど設置し、ますます情緒的になると今から楽しみにしています。
(そのため、幼稚園正門前東西の道路は、17時30分~20時まで車両通行止めとなります。どうぞご了承ください)
東側第2駐車場をご利用にいただく際は、幼稚園東側早稲田通りコープへと通じる南北の道路をご利用下さい)
恐れ入りますが、安全管理上、園児関係者以外の方は、受付で記帳の上リボンをお付けいただきますが、どなたでもご覧いただけますので、よろしければどうぞお越し下さい。
私はいつも「日本人でよかったあ」などと、思ってしまいますが、みなさまはどのようなことをお感じになられるでしょうか?

記事一覧に戻る

ページTOP